建築のあり方

4月の地震で、熊本はたくさんの建物が被害を受けました。
県内にある重要建築物も被害を受けております。
IMG_8906.jpg
4月、5月は過去携わったお客さん宅の点検に廻ったり、
被災の相談があった方の建物調査に伺ったり、
ボランティア活動を行ってまいりました。
6月には、美術館分館でJIA主催の建築相談会にも参加し、
多くの方が相談に来られました。
些細な事で不安にされている方がとても多く、
最後には安心して帰られていかれたので、
少しでもお力になれて良かったと思います。
IMG_8908.jpg
その後も多くの講演会に参加、ボランティア活動をし、
7月から、住宅医 http://sapj.or.jp/
のスクールにも参加しています。
IMG_8847.jpg
IMG_8846.jpg
月1回、全10回の長いスクールでスケジュール管理が難しいですが、
自分自身のスキルアップと、
震災での教訓を生かし、
耐震性、既存建物改修方法、温熱環境など、
家造りに対する考えをもっと深く追及できる様にしていきたいと考えています。

2 Comments

Join the discussion and tell us your opinion.

ゆうきreply
9月 04, 2016 at 09:09 PM

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
ボランティアや研修、本当にお疲れ様です。
私も仕事で被災地支援に携わることがあります。できることは、本当に少ないですが、ほんのちょっとでもお役にたてればと思ってます。
お互いに頑張りましょう。
季節の変わり目ですね。夏の疲れが出やすい時期ですので、ご自愛ください。

佐藤健治(一級建築士)reply
9月 05, 2016 at 11:09 AM

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
ゆうきさん
そうですね。
私もそう思います。
支援活動は長期戦になると思いますので、
今の自分にできる事を継続する事だと思います。
お互い無理せず、
身体に気を付けて頑張りましょう!

Leave a reply

CAPTCHA