南阿蘇の小さな診療所

  • 鉄筋コンクリート造りは、外壁や内壁に仕上げ材を施さず、構造体である
  • コンクリートが仕上げとする打ちっぱなしというのがある。
  • 今回の診療所はコンクリートならぬ木造打ちっぱなし(一発仕上げ)である。床はコンクリート基礎の土間を洗い出し仕上げとし、天井はラワン材の上に断熱層を設ける事で、棟上げ時には完了している。
  • 壁板の塗装は、施主が仕事の合間にボチボチ塗ってもらった。室内の内障子は、鹿児島知覧の武家屋敷を見学した、回転雨戸を応用した可変間仕切りとした。結果として施主と試行錯誤し、一緒に考えた実験建物になった。

概要

  • 施工期間:2010年5月 - 2010年9月
  • 建 築 地:阿蘇郡南阿蘇村
  • 用 途:診療所
  • 面積
  • 1 F:36㎡
  • TO:36㎡