素敵なものをより永く

最近、高校の同級生と会う機会が多く、アンティークミシンの修理の仕事をしている

同級生と私は、雑談をしていました。

 

私が、「家を建てるときは、よろしくね~!」なんて言っていたら、

彼が、「いや~、家は、この前修繕したばかりだかりだから、無いよ~」って言うものだから、

私が、「被災したの?築何年ぐらい??」と尋ねると、

彼は、「築37年で、保険の判定としては、全壊だったけど、うちはさ、古いものを修理して大事に使う仕事だから、

壊れたからって、直ぐに新しくしたりなんてしないよ~」

と、さらっと言ったんです。

 

私は、その言葉が、とても嬉しかったです。

なぜなら、熊本地震で、被災した住宅を公費解体が出来るからといって、修理すれば使える家をこの際ということで、

解体してしまった家がたくさんあります。

私たちは、その現状を非常に残念に思っていました。

 

設計いう観点から見ると、改修工事よりも、更地に新築建物を建てる方が、楽なのですが、建物にしても、ものにしても、

お気に入りの素敵なものを大事に永く使って欲しいという想いがあります。

私たちは、住まい手の想いに寄り添いながら、家が古くなった時に、住まい手が解体することに躊躇するような、

お気に入りの素敵な家をつくっていけたらいいなと常々思うのです。

 

 

Share your thoughts

CAPTCHA