公開

8月22日 月曜日  天気  晴れ時々雨
今年のお盆は田舎へ帰省する前に
13日にチョット広島へ。             しかも日帰りで...
目的は?
京2
京橋会館。
この建物は戦後復興で建てられ、道路整備によって商店街の移転先として計画された
住宅と店舗からなる集合住宅です。
一見外観から見ると、今の時代から取り残されたように感じます。
でも当時、まだ三種の神器も珍しく、生活に困窮を極めていた時代では
豪華仕様の集合住宅だったようです。
今回この建物が老朽化のためこの秋に解体されるそうなので、公開イベントに
急遽参加してきました。
京
参加するやいなや
大勢の人々が!     しかもTV取材まで!
どうやら地元でも相当話題になったらしい。 当日一日で500人の参加者だったそうだ...
全体的に20代~30代の人が多かったように思う。
京3
京橋会館は 【東京 表参道の同潤会アパート】 の流れを受け継いだデザイン様式の建物ですが、
最大の特徴は 「街区型」配置で、中庭を設けるスタイル 。    
「街区型」はヨーロッパによくある形式で、
バルサ
まぁ~こんな感じ...
今の日本の建物とは大きく違い、不自由に思えるとこともあるかも。
でも、今の「マンション」は極端に商品化され、
「間取りは必ずnLDKで窓は南向きで...」と定番に縛られています。
たぶん 今の日本では京橋会館のような中庭は、今後実現できないと思う。
考え方次第では、今の住まいこそが不自由なのかもしれません。
それは、現代の戸建でも、マンションでも同じことが言えるのでは...
実際行ってこの中庭に立った時、当時の子供の遊ぶ声、商店での威勢のいい声、
お客さんとの笑い声はとても活気があった憩いの場だったろうと思った。
14日の夜に行われた中庭での屋外ライブに、参加できなかったのがとても残念です...

Share your thoughts

CAPTCHA